メニュー

日本財団在宅看護センターとは

日本財団在宅看護センターは、「看護師が社会を変える」をモットーに、日本財団の助成を受け笹川記念保健協力財団が実施する育成研修を受けた看護師が主宰する在宅看護センターです。
本センターは、適切なフィジカルアセスメントを用いた全人的ケアができ、地域の人々の健康を看・護り、多職間連携のハブ的存在を担う看護師などが運営する在宅看護センターです。
また、全国的に修了生によるネットワークを構築しています。

特徴

このセンターの特徴は、地域の医療施設、診療所、開業医、その他介護・老健施設などと連携する他、薬局、給食、リハビリテーション施設との連携、さらに地域外の施設と連携すると共に、地域住民の理解と協力のもと、独居住民や退院直後、容態不安定期の人々、看取りを必要とする人々のための在宅ホスピス機能も備えた体制を目指します。
また、在宅看護の形態は、地域によって異なるので地域に根差した柔軟なセンターも目指します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME